理念・特徴



◆理念
    当ゼミの中心活動は、入学試験のなかの「国語」「現代文」「古文」「小論文」「作文」
   の実力養成を支援することである。
    当ゼミは完全マンツーマン指導体制で生徒の学習習慣を強化する。ともすれば
   今日の使い捨て情報言語の氾濫のなかで、活力ある重厚長大な日本語を通して持
   続的に考え表わす習慣を失っている青年たちに、あえて厳しい言語環境を強いる。
   当ゼミが週に一度の通塾を義務付けているのはそのためである。
    当ゼミの受け入れ人数の限界は、30人程度である。希望する進路と到達状況に
   合わせて教材を用意し、指導方法を判断する。どこまでも生徒一人ひとりを大切
   にしたい。

◆特長
    作文力や論述力を身につけるためには、書くしかない。書いて書いて書きまく
   ることが唯一の方法である。そして、実際に書き出すには読み手と締め切りがな
   くてはならない。それらがなくては書き手はいつまで経っても書き出せない。
    たとえていえば、それはキャッチボールのようなもので、ボールを投げるには
   グローブを構えてくれる相手が見えないと投げられないのだ。投げられたボール
   についてその場で議論が始まることで、投げ手は自身の投げたボールについて初
   めて考え始めることができる。
    もちろんそのボールの受け手はその道のプロであるべきだ。さらに定期的に何
   十球と続くキャッチボールに付き合うためには、時間と場所と設備という条件も
   必要である。
    これらの条件がベストに近い状態でそろっているのが田中ゼミである。当ゼミ
   は一つの部屋のなかで、生徒一人に対して一人の指導者が定期的な時間を確保し
   て継続してめんどうをみる。
   
    当ゼミは学費についても独自のシステムを採用している。一回一回の中身を大
   切にするために、指導回数の取り決めで前納してもらう。これなら指導の中身に
   不満があれば、すぐに退ゼミしてもあまり損がない。入試直前に短期で集中して
   指導を受けたい受験生にとっても好都合である。当ゼミは随時入ゼミ可、退ゼミ
   可である。
    教育産業において現在「個別指導」「家庭教師」が拡大しているが、この難点は学
   費がどうしても高くなってしまうことである。たとえて言えば、一斉授業方式が
   「路線バス」ならば、マンツーマン方式は「タクシー」に乗るようなものだから
   だ。当ゼミはマンツーマン方式の贅沢の極みでサービスを提供しているが、学費
   についてはかなり低額とみることができる。これは宣伝費や人件費にコストをか
   けていないことが大きな要因である。入ゼミしてくる生徒の多くが口コミによっ
   て集まっているのが現状だ。