他社との比較



◆大手・中堅予備校との比較

    大手および中堅の予備校の授業は一斉授業である。授業時間以外でも指導をす
   ると謳う予備校があるかもしれないが、実質それは無理だ。非常勤講師は授業時
   間契約だから契約時間以外のサービスを喜ばないし、専任講師は目いっぱい授業
   が課せられていて、生徒個人個人と向き合う余裕はない。
    高校生の小論文の授業については文学部志望から医学部志望まで、それなりに
   書ける生徒から全く書けない生徒まで、ごちゃまぜのところが多い。各週で論文
   を書かせて、翌週返却というところが多いが、あいだが一週間ある。一週間のあ
   いだに書き手は自分が何を書いたか忘れる。しかも授業者と添削者が違う。これ
   では議論もなにも起こらないただの事務処理である。

◆通信添削との比較

    通信添削においては書いたものが返ってくるのに最低二週間はかかる。添削者
   のアドバイスについて質問してみたいとか、もう一度書き直して見てもらいたい
   とか、という当然の要求が実質的には不可能である。しかも添削者がずっと同じ
   とは限らない。添削されたものについて質問し、議論する、そして、小論文や作
   文の場合は、また書き直してみる、その繰り返しが上達にはなくてはならないは
   ずだが、それは不可能に近い。「Z会体験記」参照。

◆学校の先生との比較

    学校の先生ならどうか。小論文や作文を学校の先生に個人的に見てもらえたら
   タダだからおいしい話だ。しかし学校の先生は多忙である。たいへんな手間暇が
   かかる小論文の指導を任せるのは酷というものだ。小論文の場合、歴史が若い科
   目で、しかも毎年新しい内容と形式が模索・採用されるため、指導する側はそれ
   に対応する日々の研鑚が必要である。まして個々の大学・学部・学科の出題傾向
   まで視野に入れての個人対応は、それ専門で長年毎日研究しているプロにしかで
   きない。残念ながらその余裕は学校の先生にはありえない。